HOME > 新着情報 > H26年度住宅のゼロ・エネ化推進事業の採択について

新着情報

H26年度住宅のゼロ・エネ化推進事業の採択について

昭和住宅は、今年度も「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」(国土交通省の補助事業)の採択を受けました。

平成24年度からはじまって今年で3年目を迎えた「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」ですが、これで昭和住宅は初年度から3年連続の採択となります。

この事業は、「1年間のエネルギー消費量が正味(ネット)でゼロになる住宅=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH」の取り組みを公募によって募り、工事費の一部を国が補助(補助上限額165万円)するというものです。

 

上の画像は、ZEHのイメージ図です。

今回の公募にあたって、昭和住宅は「躯体(建物)の高断熱化」「高効率給湯器」「高効率エアコン」「LED照明、人感センサー照明」「太陽光発電システム」「HEMS」などを組み合わせて提案を行いました。

ZEHは、エネルギー消費量を削減する(=環境にやさしい)だけでなく、高い断熱性能により室内の暑さ・寒さをやわらげ健康で快適な暮らしをおくることができる(=住むひとにやさしい)住まいです。

ZEHについて、詳しくは下記までお気軽にお問い合わせください。(着工後は現場見学も可能です)

【お問い合わせ】
昭和住宅(株) 担当:圓佛明(えんぶつ あきら)
電話:0944-53-2429
メール:info@showa-jyutaku.co.jp

なお、今年度の事業は施主様・建設地などが決まっている確定物件に採択を受けているため、この事業を利用して新築される方を新たに募集するものではありません。


新着情報一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像