HOME > リフォーム施工事例, 外装リフォーム > 屋上防水工事(鉄筋コンクリート造・陸屋根)

リフォーム施工事例

リフォーム施工事例

マンション屋上防水工事(鉄筋コンクリート造・陸屋根)

1.ビフォー ⇒ アフター

RC造陸屋根マンションの屋上防水工事の事例です。
改質アスファルトシート防水(AS-T2・トーチ工法)で施工を行いました。

屋上防水工事(RC造陸屋根)の着工前

Before

屋上防水工事(RC造陸屋根)の施工後

After




2.改質アスファルトシート防水工事の流れ

【既設防水シートの撤去】

まずは既設の防水シートを撤去します。

現状でも雨漏りは発生していませんが、施工から15年以上が経過しており劣化が見られます。



               

【防水層下地の清掃(ケレン)】

防水層の下地となるコンクリートに付着している異物などを手作業で取り除いていきます。



               

【プライマー塗り】

下地を高圧水で洗浄した後、十分に乾燥してからプライマーと呼ばれる下塗り材を塗ります。



               

【排水口まわり(改修ドレン取付け)】

排水口まわりの工事の様子です。

防水改修工事では、写真のように排水管とシートが一体になった「改修用ドレン」を取付けます。



               

【庇端部の増張りシート張付け】

庇の先端部分に増張り用シートを張付けます。

シート裏面および下地をトーチバーナーであぶり、改質アスファルトを溶融させながら密着していきます。



               

【庇部の改質アスファルトシート上張り】

前の工程で張付けた増張りシートの上に、改質アスファルトシートを張付けます。



               

【平場の改質アスファルトシート張付け】

シートは十分な重ね幅(縦横とも100mm以上)をとりながら、トーチバーナーでシート裏面および下地を均一にあぶりながら、たるみやしわなどが出来ないように広げて密着させます。

シートを張り終わったらシート端部にアスファルトコーチングという材料をヘラ塗りします。



               

【立上り末端部の押え金物取付け】

立上りのシート末端部分を押え金物でしっかりと固定します。



               

【立上り末端部のシール材充填】

押え金物の端部やビス頭にシーリング材を充填します。



               

【仕上げ塗料塗り】

仕上げに防水層の保護と化粧を兼ねて、防水保護塗料を塗ります。



               

【工事完了後】

マンション屋上の防水工事が完了しました。



リフォーム施工事例トップに戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像