HOME > スタッフブログ > 金魚のふれ売り師

スタッフブログ

金魚のふれ売り師

皆さまこんにちは。

先月のある日、子供たちを連れて長洲の「金魚と鯉の郷広場」に行ってきました。

 

公園でひとしきり遊んだ後、「金魚の館」へ。

 

 

金魚が展示されている水槽の横に、金魚のふれ売り師・浦島義弘さんのパネルが展示されています。

金魚を売り歩くことを「ふれ売り」と言うんですね~。知りませんでした。

(だから長洲町のゆるキャラは「ふれきんちゃん」だったんだなぁと妙になっとく)

 

で、なんと! この日はご本人が登場!

 

 

「金魚ぇ~、金魚ぇ~・・・」

 

独特の節まわしを響かせながら広場の中を一周。

子供たちも興味津津でした!

 

昭和30年代には長洲町だけで約500人の金魚のふれ売り師がいたそうですが、現在では全国で浦島さん唯一人だそうです。ちょっと古い記事ですが、詳しくはこちら→熊本県メルマガ記事をご覧ください。

 

 

 

ここの広場に来ると、子供たちは鯉にエサをやるのを楽しみにしています。

 

昨年5月に来たときはエサを巡って死闘を繰り広げた鯉たち(→過去のブログ記事「金魚と鯉の郷広場」)ですが、なぜかこの日は反応なし・・・。

 

 

「たべないね~」「たべろよ~」

池を見つめながら、がっかりする兄弟・・・w

 

若干テンション下がり気味で帰路につきましたが、遊び疲れたのか二人とも爆睡。

(これがいちばん助かる!)

 

それでは、また。

 

投稿者:圓佛 明

2015.04.02

スタッフブログ一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像