HOME > スタッフブログ > 大寒波襲来・・・。断熱改修のすすめ。

スタッフブログ

大寒波襲来・・・。断熱改修のすすめ。

真冬の寒さをはるかに凌ぐ大寒波でしたね・・・。

今日の大牟田の最低気温はなんと-7.2℃(0時15分)!

 

昨日からの積雪もすごかったですね。

 

2011年の元旦に少し雪が積もって子供たちと雪ダルマをつくった記憶がありますが、ここまでの雪と寒さではなかったと思います。

 

 

今日(1月25日)の朝、JR大牟田駅前付近もこんな感じでした。

普段と比べると、道路を行き交う車もまばら。

中央分離帯に植えられた南国風の樹木が寒そうですね・・・。

 

 

昨日、今日と家の中に居ても「寒いなぁ」と感じた方もおられたのではないかと思います。(とくに、ある程度の築年の経った家にお住まいの方ですね。)

 

そこで、そんな方々におすすめしたい補助事業があります。

 

 

 

経済産業省が実施する「住宅省エネリノベーション促進事業」です。

 

先週1月20日の参議院本会議で成立した平成27年度補正予算で実施される事業ですので、今日(1月25日)時点では事業の詳細は発表されていませんが、おおまかには、

 

①高性能な窓、断熱材を使って高断熱化リフォーム

②高効率給湯設備(エコキュート、エコジョーズなど)または家庭用蓄電池の設置

 

に対して、補助金が支給されるという内容になっています。(①は必須です。)

 

気になる補助金額は現時点では分かっていません。概要書には「補助(定額、1/3)」とのみ記載されています。この辺りの詳細は分かり次第お知らせしようと思います。

 

①と②で肝心なのはやはり①の建物本体(窓、天井、壁、床)の断熱リフォームのほうですね。

建物の断熱性能が改善されれば、快適な室内空間が実現できることは言うまでもありません!

 

そこにオマケで(!?)給湯設備の補助がもらえる、というイメージで捉えて頂ければと思います。(日本の家庭でのエネルギー消費の約30%は給湯に費やされているので、オマケというのは言い過ぎかもしれませんが。。。)

 

このようなお得な補助事業を利用して、快適で健康に暮らせる家に断熱・省エネリフォームしてみてはいかがでしょうか?ちょっと話を聞いてみたい、という方はお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、また。

 

投稿者:圓佛 明

2016.01.25

スタッフブログ一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像