HOME > スタッフブログ > ロフトのある平屋の家、その後の進捗。

スタッフブログ

ロフトのある平屋の家、その後の進捗。

荒尾の平屋の家。

上棟から約1か月、大工工事が進行中です。

 

 

大工工事中

 

窓や間柱(壁の下地)がついて、ずいぶん家っぽくなってきました。

 

 

 

 

ロフト(工事中)

 

屋根裏を利用したロフトへ。窓を設けているので、明るくて屋根裏っぽくないですね~。天井の高さが1.4mと低めなのでガリバーになった気分が味わえます(笑)

 

 

 

そして、屋外。

時間をさかのぼって、先月の上棟のすこし後の様子です。

 

 

瓦と太陽光支持瓦02

 

屋根は陶器瓦葺き。ところどころ、穴が開いている瓦が・・。

 

じつはこれ、太陽光発電を載せるための支持瓦という特殊な瓦なんですね~。

 

 

 

 

瓦と太陽光支持瓦03

 

瓦を葺いた後。安心してください、穴が開いた太陽光発電の支持瓦にはきちんとフタがついてます。

 

 

 

 

棟換気

 

最後に屋根の頂上、棟の部分。屋根の通気層を上がってきた空気を外に排気するための棟換気部材。目立たないところで、地味な存在ですけど・・・、これが結構大事だったりします。

 

それでは、また~。

 

投稿者:圓佛 明

2018.12.14

スタッフブログ一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像