HOME > スタッフブログ > 酒蔵開きに行ってきました!

スタッフブログ

酒蔵開きに行ってきました!

うまさけはうましともなく飲むうちに

酔ひての後も口のさやけき

 

これは、発酵学の大家、坂口謹一郎先生が日本酒について詠ったものです。

私はおいしいお酒を飲むと、思わずこの歌が頭に浮かんできます。。。

 

筑後地方の蔵元では、2月~3月にかけて酒蔵開きが行われているようですが、皆さまは酒蔵に出掛けられたことはありますか?私は、この前の日曜日に、「神力」で有名な、みやま市高田町の玉水酒造に行ってきました。酒蔵開きに行くのは初めてのことです。

 

飯江小学校に準備された臨時駐車場から歩いて酒蔵に近づいていくと、軒先には新酒ができたことを知らせる緑の杉玉がさげられていました。お酒の熟成が進んでいくとともに、茶色くなっていく杉玉ですが、もちろんこの日は鮮やかな緑色をしていました。

 

蔵のなかに入って行くと試飲があっていましたが、クルマで行っていたので麹と新酒の香りだけ楽しんできました。(残念!)他にもノンアルコール甘酒の試飲や漬物、酒まんじゅうなどが売られていて、会場内はかなり賑わっていました。

 

ひととおり見学したところで、せっかく来たのだからと思い、純米吟醸酒「神力」と「しぼりたて原酒」を購入。

普段はウィスキー党の私ですが、たまには地元の「うま酒」を堪能してみようかと思います。

 

 

投稿者:圓佛 明

2009.03.13

スタッフブログ一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像