HOME > スタッフブログ > プレカット工場で打合せ

スタッフブログ

プレカット工場で打合せ

昨日、福岡にある木材のプレカット工場に行ってきました。目的は、プレカット工場の製造ラインを見学することと、まもなく上棟を迎える新築工事のプレカット最終打合せです。

 

いつもお世話になっている緒方材木店さんの案内で、弊社工事担当2名と私が同行させて頂きました。

 

ここで少し「プレカット」の説明を。プレカットとは、柱や梁などの継手・仕口を工場でコンピュータと機械を使って加工することで、短時間で高精度な加工をすることが出来ます。(木材の形状や仕口の種類によっては機械で加工できないものもあるので、一部手刻みで加工する部材もあります。)

 

 

 

工場の担当者からラインの説明を受けているところです。

 
機械が自動的に木材を加工していくのですが、作業が終わった木材の延長や仕口の形状などを、担当者が丁寧にメジャーで実測していました。

 

全て機械任せではなく人の目でしっかりとチェックされていました。

 

 

 

 

 

加工が終わった木材は邸別にまとめて保管され出荷を待っています。

 

工場内はとてもきれいに整理整頓されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて新築工事のプレカット打合せです。
このときは、和室まわりの最終打合せを行いました。

 

和室は柱を見せる真壁でつくられますので、柱の使い方にはとくに気を遣います。

 

左の写真は、チリ(角の部分)が見える柱について、どこを見せるのか弊社設計・施工担当の野田が思案しているところです。(写真右から材木店の緒方専務、弊社野田、プレカット工場担当のお二人です)

 

 

設計担当としてのこだわりもあり、あれこれと悩みながらも、納得のいく結論が出たようです☆

 

 

投稿者:圓佛 明

2009.08.01

スタッフブログ一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像