HOME > スタッフブログ > 住宅版エコポイントの発行pt数が決定!

スタッフブログ

住宅版エコポイントの発行pt数が決定!

昨日のブログで住宅版エコポイント説明会の内容をお伝えしたばかりですが、本日、国土交通省のホームページに新着情報が掲載されていましたので、ここでご紹介しようと思います。

 

本日発表された内容は、工事ごとのエコポイント発行数です。

 

私たち住宅事業者も、また皆さま方も、最も気になっていたところではないかと思いますが、おおよそ事前にアナウンスされていたとおりの発行ポイント数となりました。

 

国交省から発表された資料の概要は次のとおりです。

 

 

1.発行エコポイント数

(1)エコ住宅の新築

 ・1戸あたり300,000ポイント

 ※つまり、住宅の規模によらず一律1戸につき30万ポイントが発行されるということです。

 

(2)エコリフォーム

・次の①+②+③=300,000ポイントが1戸あたりの限度

 

①窓の断熱改修

窓やガラスの大きさに応じて発行されるポイント数が定められています。下の表は1箇所あたりのポイント数です。(下のポイント数 × 工事箇所数 が発行ポイント数となります)

 

 

 

②外壁、屋根・天井または床の断熱改修

断熱改修については、下の表のとおり施工部位ごとに発行ポイントが定められています。

 

また、下の表の断熱材最低使用量以上の断熱材を使用したリフォーム工事のみが対象となります。

表中の断熱材区分など、詳しい内容は弊社までお問い合わせいただければ幸いです☆

 

 

③バリアフリー工事

①または②の工事と一体的に行う場合は、バリアフリー工事についても工事内容に応じてポイントが発行されます。1戸あたりの限度は、50,000ポイントです。(手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡幅工事が対象です)

 

 

2.即時交換

(1)エコリフォームの即時交換

エコリフォームによって取得したポイントを、追加的に実施する工事の費用に充てることができます。

 

つまり、

a)エコポイントを商品券やプリペイドカードに交換してお客様が受け取る

b)工事費用に充当して工事施工者が受け取る(←この方法が「即時交換」です)

の2つの方法を選択できるということです。

 

どちらの方法を選択するかで若干申請方法が異なっていますが、特に難しいことはなさそうです。

 

(2)エコ住宅新築の即時交換

エコリフォームと同じように、新築の場合も追加的に実施する工事との「即時交換」が可能です。

もちろん、商品券やプリペイドカードとの交換も選択できます。

 

取り急ぎ、概要だけをご紹介させていただきました。

ご不明な点や疑問・質問などございましたら、弊社までお問い合わせください☆

 

また、国土交通省のホームページもご参照ください。 ⇒ 「住宅版エコポイントの概要について

 

昭和住宅へのお問い合わせは下記までお願いします。

メール:info@showa-jyutaku.co.jp

電話:0944-53-2429 

 

 

投稿者:圓佛 明

2010.01.15

スタッフブログ一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像