HOME > スタッフブログ > 天井断熱材と内部造作工事 【みやま市瀬高町のゼロエネルギー住宅】

スタッフブログ

天井断熱材と内部造作工事 【みやま市瀬高町のゼロエネルギー住宅】

皆さまGWはいかがお過ごしだったでしょうか。

私は近場でゆっくり過ごしました。

 

さて、みやま市瀬高町のゼロエネ住宅新築現場では工事が着々と進んでいます。

 

 

上の写真は天井の断熱材です。

 

外気に通じている天井(=2階建ての住宅の場合は、①2階部分の天井と、②2階が載らない平屋部分の天井)に断熱材を施工します。

 

壁断熱材と同じ高性能グラスウール16Kですが、天井のほうが厚みがあるものを使用しています。

(壁は105mm厚、天井は155mm厚)

 

5月の気候でも屋根裏は短時間いるだけで汗ダクになるくらい暑いですが、部屋の中はそんなことありません。

 

 

 

こちらは1階部分の天井下地をつくっているところです。

(この部屋の上部には2階が載るので天井に断熱材は入れません)

 

ご覧のとおり、梁を部分的に現して仕上げます。

やっぱり室内に木が見えるのはいいですね~。

 

仕上りが楽しみです。

それでは、また。

 

投稿者:圓佛 明

2013.05.08

スタッフブログ一覧へ戻る


ページの先頭へ戻る


背景画像