ZEH

ZEHとは

使うエネルギー≦創るエネルギーにする
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。消費エネルギーを抑えつつ、自宅の太陽光発電で創ったエネルギーにより、最終的にエネルギー消費量を0以下にします。
建物の高断熱化や省エネ・創エネ機器の導入により、暖房・冷房・給湯・換気・照明などにかかるエネルギー消費量を削減することで、地球温暖化対策への貢献に加えて経済的メリットも大きく、ご家庭の光熱費を抑えることができます。

〈ZEHの定義〉
1)強化外皮基準 UA値0.60W/m2K以下(昭和住宅の標準仕様はUA値0.50W/m2K以下)
2)再生可能エネルギーを除いて20%以上の一次エネルギー消費量削減
3)再生可能エネルギーを導入(太陽光発電システムなど)
4)再生可能エネルギーを加えて100%以上の一次エネルギー消費量削減
※1)のUA値基準は6地域(福岡県大牟田市・熊本県荒尾市周辺)の数値です

ZEH普及率

昭和住宅では、自社で設計・施工する新築注文住宅のうちZEHが占める割合を引き上げていき、2020年度までに年間50%以上をZEHとする目標を設定しました。

新築注文住宅のZEH普及率目標および実績

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
目標or実績 目標 実績 実績 実績 実績
ZEHシリーズ受託率 50% 50% 100% 0% 0%

※上表のZEHシリーズ受託率とは、ZEH、Nearly ZEH、ZEH Orientedの合計値です。

2025年に向けた昭和住宅のZEH目標 SDGsへの取り組み

BELS表示率

昭和住宅は、地域型住宅グリーン化事業(国土交通省補助事業)に「BELS工務店」として登録しており、2017年度以降は新築住宅の全棟でBELS表示(建築物省エネルギー性能表示制度)を取得いたします。

新築注文住宅のBELS表示率目標および実績

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
目標or実績 目標 実績 実績 実績
BELS表示割合 100% 100% 100% 100%

ZEH推進に向けて

このような取り組みの背景には、国の「第5次エネルギー基本計画」(2018年7月閣議決定)において、「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」と位置付けられたことがあります。

また、2015年12月12日にCOP21において「パリ協定」が採択されました。その中で、世界共通の目標として産業革命前からの世界の平均気温上昇を2℃未満(努力目標は1.5℃以下)に抑えることが合意されました。

日本の約束草案では、温室効果ガス排出量を2030年度に2013年度比▲26.0%とする目標が掲げられています。部門別にみると、住宅などの家庭部門では2030年度に2013年度比で▲39.4%と大幅に削減することが必要です。

これらのことは先送りすることができない非常に重要な課題であると考えています。昭和住宅としましては、ZEHの普及を推進することでエネルギー問題、地球温暖化対策に貢献したいという想いから、このZEH率目標値を設定いたしました。目標達成に向けてしっかりと取り組んでまいります。

2025年に向けた昭和住宅のZEH目標 SDGsへの取り組み

ページの上部へ戻る